満室魂.comでは賃貸経営や空室対策でお悩みの家主・大家さんの力になります。

0120-881-042

満室魂運営事務局(株式会社TRN)

物件を買いたい

不動産購入メリット

不動産(収益物件)を所有する事で下記の様なメリットがあります。
 
 
家賃収入(インカムゲイン)
物件取得目的の筆頭とも言えるのが家賃収入です。投資商品の中でもミドルリスクミドルリターンで、比較的取り組みやすく副業として賃貸経営をされている方も多くいます。
 
売却益(キャピタルゲイン)
賃貸物件の投資家の中には物件を売却する事による売却益をメリットとしている方もいます。
 
公的年金+老後の収入
少子高齢化により今日の年金制度は保険料の負担増加や受給年齢の引き上げ、支給額の減額といった様々な問題に直面しております。将来、公的年金だけでは生活していけるか不安が募ります。
そこで、賃貸経営による安定した賃貸料収入です。公的年金に加え家賃収入がある事が老後の生活にゆとりが持てます。
 
税金対策
賃貸経営では建物・設備の減価償却費、住宅ローン金利、管理費、固定資産税、その他の諸経費を必要経費として認められますので、確定申告することで所得税の還付、住民税の軽減といった税務上の優遇を受けることができます。
 

不動産購入デメリット

空室
不動産経営において、最も身近なリスクとも言える空室です。
空室が続けば当然家賃収入がなくなります。
そうなると、物件購入時、家賃収入から物件の返済をする計画たてていると返済が滞ってしまう可能性もあります。
 
家賃下落
供給過剰化している賃貸市場の中でも建設が止まらない時代、経年とともに家賃の下落が起こります。空室リスクと同じく物件購入時、家賃収入から物件の返済をする計画たてていると返済が滞ってしまう可能性もあります。
 
経年劣化/自然損耗
年月が経つにつれ、建物の老朽化が進んでいる・考えていた以上に設備投資金額が高いなど、修繕の不安が出てきます。
 
 
賃貸経営にはメリット・デメリットがあるが、デメリット(リスク)を回避する事が非常に重要になります。
その為には、【持続可能に満室経営をお手伝いできる/家主様の収益向上に貢献できる】賃貸経営のプロを協力者としていく必要があります。
 

不動産(収益物件)購入

物件購入に際し考慮すべきポイントは立地(将来性も含め)、家賃相場、当然購入価格など様々ありますが、数値的に物件を見る指標の一つに【利回り】というものがあります。
 
【利回り】とは支出に対する利益の割合のことです。
 
【計算方法】
年間家賃収入÷投資金額=利回り【表面利回り】
 
例)総戸数20戸 空室3戸 入居家賃平均¥50,000- 投資金額¥80,000,000-
 
現状年収:¥50,000-×17戸=¥850,000-/月×12ヶ月=¥10,200,000-/年
現状利回り:¥10,200,000-÷¥80,000,000-×100=12.75%
 
満室年収:¥50,000-×20戸=¥1,000,000-/月×12ヶ月=¥12,000,000-/年
満室利回り:¥12,000,000-÷¥80,000,000-×100=15.00%
 
不動産の情報の中には、現状の入居率とは関係なく【満室時想定利回り】で掲載してあるものもあるので注意が必要です。
物件を低価格で購入するには、入居率の低い物件が交渉しやすい物件になります。
購入後、入居率を上げ、高利回り物件にしていくことをおススメします。
 
リノリースCLUBは入居率を上げる提案のプロ集団です。
 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、下記の番号へお願いいたします。
フリーダイヤル0120-881-042
担当 : 満室魂運営事務局(株式会社TRN)
営業時間 : 9:00 ~ 18:00(日祝休)

フォームでのお問い合わせはこちら

投資効果100%勝てる投資!リノリースはこちら

施工事例はこちら

リノステナビ

リノベーション甲子園

メディア掲載

書籍紹介

満室魂公式ブログ

満室魂公式Twitter

満室魂公式facebookページ

お問い合わせはこちら

このページの先頭へ